ADHD(注意欠如・多動性障害), マリファナ(大麻)、アスリートとの関係性

みなさんこんにちはケーエーです!

今ケーエーは毎年全米で行われるアスレチックトレーナーの学会に来ていて、そこでいくつかのセミナーに参加しています。

そのなかでアスリートと薬物(ドラッグ)についてとても興味深い話が聞けました。

それに加え、数日前にツイッター内でADHD(注意欠如・多動性障害)につて話題になっていたので今日は現役チームトレーナーの自分が、

ADHDとアメリカの若いアスリートとの関係についても書きたいと思います!

大麻(マリファナ)とアメリカ

 

みなさんは大麻(マリファナ)にどのようなイメージをお持ちでしょうか?

違法、麻薬、体に悪いなどなど色々なイメージどちらかと言えばネガティブな印象が強いと思います。

この大麻(マリファナ)日本では違法ですが、最近ではアメリカを筆頭に世界で規制緩和の波が押し寄せてきています。

ブロガーのイケハヤことイケダハヤトさんもブログに書き記しています。


アメリカではコロラド州が2012年に住民投票で多数票を獲得してアメリカ合衆国で初めて大麻(マリファナ)のレクリエーショナルでの使用を認め、

2014年に実際に合法化、そして販売へと至りました。

上のツイートからもわかるようにコロラド州は大麻(マリファナ)からかなりの税収を得ています。

今現在アメリカは9つの州でレクリエーショナルで大麻(マリファナ)が売り買いできて、30の州で医療用での使用が許されています。

緑がレクリエーショナルでの使用が認められている州で、薄い青が医療用が合法の州です。

日本で大麻(マリファナ)というと酔ったような感じの(ハイ)になったりする効能ばかりが注目されますが、実はマリファナには大きく二つの物質(効能)があります。

一つは日本人が大麻というと最初に想像するハイになる物質であるTHC、そしてローションやオイルなどに使われるCBDという物質です。

CBDにはTHCのようなハイになる成分がほとんどないのでCBDを使ったローションやオイルなどの製品はアメリカのほとんどの州で購入可能。

日本でもCBDが入っている商品を所持していても捕まることはありません。

因みにCBDを使ったブランド製品を販売している有名人もいます!

Whoopie&Maya公式サイト

そう日本では「天使にラブソングを」でおなじみのウーピーゴールドバーグさんもCBDを使った製品のブランドを立ち上げているのです

大麻(マリファナ)のアメリカでの現状はこれくらいにして次にアスリートとの関係を見ていきましょう。

大麻(マリファナ)とアスリート

アメリカでは現在9つの州で合法的に大麻(マリファナ)を吸ったり摂取することが可能ですが、スポーツの世界では禁止薬物の一つとしてほとんどの組織や団体で禁止されています。

NCAA(全米大学体育協会)、NASCAR(ナスカー)、MLB(メジャーリーグ)、NBA(プロバスケ)、PGA Tour(ゴルフ)、NFL(プロアメフト)、CrossFit Game(クロスフィット)などなどで摂取を禁止されていて、医療用でとることも禁止されています。

ただし団体によって摂取量の規制とその後の罰則が少し違います。

NCAA(全米大学体育協会)のドラッグテストでのマリファナ摂取量上限は15ng/mlでMLB(メジャーリーグ)と同じですが、ドラッグテストでの結果、陽性だった時の罰則が異なります。

全米大学体育協会は翌年のシーズンの半分の試合に出場できないのにくらべ、メジャーでは一度目陽性と診断された場合はトリートメントプログラムを受講して再テストのみで試合の出場制限は受けません。

更にもし同じ選手が2度目のマリファナの陽性をくらったら、全米大学体育協会では選手としての1年間のプレー期間をはく奪そして試合出場不可となります。メジャーでは50試合の出場停止処分になります。

ゴルフのPGAツアーとNFL(プロアメフトリーグ)ではではこの摂取上限量が緩めに設定されています。

ゴルフの方の上限摂取量は150ng/mlそしてアメフトの方は35ng/mlとなっています。

上記からわかるように別に大麻(マリファナ)を摂取していたからといって、一発で選手生命が終わるわけではありません。

しかしリスクではありますし、世間からの目も厳しいものとなるでしょう。

しかしながらこれらのリスクがあったとしてもアメリカのアスリートでは大麻(マリファナ)の常用者は結構います。

次はリスクを冒してまでアスリートが大麻(マリファナ)を吸う理由を見ていきたいと思います。

アスリートと大麻(マリファナ)の現状 (エリートレベル)

ほとんどのアスリートが大麻(マリファナ)を吸う理由がハイになりたいから、気持ちよくなりたいですがそれは大学やアマレベルでの話です。

プロのレベルになると周りやメディアからのプレッシャーが物凄いので、そのプレッシャーで寝れないことも出てきます。

それの対処手段として大麻(マリファナ)を使う選手が結構多いです。

実際にセミナー後の質問タイムで現役のプロアメフトチームで働いているアスレチックトレーナーが寝つきをよくするために大麻(マリファナ)を摂取する選手が多いことを話していました。

その質問をした彼によれば、NFLの規定数値である35ng/ml以下の量であるならば摂取を許可しているとのことでしたが、ただ使用する機関が長くなればなるほどマリファナに頼ってしまう,つまり依存度が高くなる気がすると話していました。

これはマリファナに限らず、睡眠薬だったり、就寝前に寝れないから強めのお酒を飲むのにも似ています。

一度そういった習慣がついてしまうとなかなかそれから抜け出せない。

アスリートと大麻(マリファナ)の現状(アマチュアレベル)

では実際にアマレベルだとどれくらいの選手がどれくらいの選手がマリファナを吸っているのでしょうか?

これは自分が過去に働いていた大学のアメフトチームの話ですが、コーチの要請で抜き打ちでドラッグテストを行った結果10人中8人の選手からマリファナの陽性反応がでました。

つまり8割の選手が大麻(マリファナ)を摂取していたという事です。

ちなみに自分が働いていた州は上記のマリファナが合法化されていない(レクリエーショナルでも医療でも)州です。

あなたはこの数字が多いと思いますか?

正直この数字にあまり驚かなかった自分がいます(笑)だいたいどこのチームもこんなもんだろうという感じです。

他のチームのアスレチックトレーナーと話していても似たようなことを言っていたので、感覚がバカになっているのかもしれません(^^;

このドラッグテストは全米体育協会によって実施されたものではなくアメフト部のコーチによって指示されて行われたものであったため上記の全米体育協会の罰則は受けずに、コーチが選手にペナルティーを与えただけで事なきを得ましたが(^^;

スポーツにもよりますがアメリカでは大麻(マリファナ)が合法の州であろうとなかろうと、大抵のアスリートが常時ではないにしろ吸っていることが多いです。

アスリートとADHD(アメリカ)

数日前に仮想通貨界隈のツイッターがADHD(注意欠如・多動性障害)の事で盛り上がりました。キッカケはこのツイートだと思います。


このツイートが反響を呼んで、様々な人がADHDについてツイートしていました。

現役のお医者様であるBJ先生も


これらのツイートは自分にとっても他人事ではないと感じました。

なぜならアメリカのアスリートにもADHDの人はたくさんいるからです。

ただここが問題なのですが…誤解を恐れずに言えばこの人は本当にADHDなのかな?と疑いたくなるくなるレベルの人もたくさんいるのは事実です。

ADHDとAdderall (アンフェタミン)

アメリカではADHD(注意欠如・多動性障害)と診断された場合処方される薬はAdderallという薬で日本ではアンフェタミンと呼ばれるものです。

このアンフェタミン日本では法律上覚せい剤に認定されていて日本での所持、使用が禁止されています。


アメリカではこのAdderall欲しさに本当にADHDか疑わしい人がお医者さんにでADHD診断を受けてこの薬を処方してもらうことも多々あります。

自分が以前にトレーナーとして働いていた大学の野球部では全野球部員の約2割がADHDと診断されててAdderallを摂っていました。

正直少し多くないかと思いました。


アスレチックトレーナーはドラッグテストのときにもし検査に選ばれた選手がAdderall(アンフェタミン)を摂っているならばWaiver Form (日本語だと免責同意書かな?)を提出しなければならないのです。

なので普段からチーム内でどれくらいの選手がADHDでアンフェタミンを摂っているか大体把握していますが、35選手いて7人はやはり多いなと感じていました。

個人的な観察からですがこの7人のうち本当にADHDだなもしくはAdderallを必要だなとケーエーが思ったのは3人のみです。

そして残念ながらAdderallを必要としないのに、医者から処方してもらう理由の一つが下のツイートです。


残念ながらこれは↑ホントです。みんながみんなお酒に入れたり、ふざけて飲むわけではないですが(^^;

なんでわかるかって?だって実際にこれでER(救命病棟)に運ばれた選手にケーエー自身が付き添わなければならなかったからです。

正直怒りしかこみ上げてきませんでしたよ。自分は久々のオフで家でリラックスしてのんびりしてたのに呼び出されたし、

自業自得だし、本当にADHDと戦っている人への冒涜だと思いました。

Adrreallではありませんが今アメリカではオピオイド(鎮痛剤)の乱用で中毒死する人が年間3万人を超えており社会問題になっています。

トランプ大統領も今年に入って、このオピオイドに関して緊急事態宣言を出しています。

ヘロインやコカインなどの禁止薬物での死因よりも医者から処方されるオピオイド(鎮痛剤)の乱用で亡くなる人の方が多くなっているのだから異常な状態だと思います。

一番有名なオピオイドはオキシコドンと呼ばれるもので、痛み止めとして多くのアスリートにも処方されます。

もちろん初めはそれを痛み止めとして使うのですが、だんだん痛みがなくてもオキシコドンを取るようになる選手も出てきます。

精神安定剤みたいな感覚で摂り続けてしまうのです。

そして更によろしくないのはオキシコドンを本来の目的(痛み止め)以外の目的で使う人もたくさんいるのも事実です。お酒と一緒にのんだりパーティーでハイになりたくてお酒に混ぜたりなど(´;ω;`)

悲しいです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

アスリートは上のレベルに行けば行くほど、常に大きいプレッシャーと戦うことになります。

メンタルが弱いと言ってしまえばそれまでですが、

そう考えると大麻(マリファナ)やAddreallや鎮痛剤に頼りたくなる気持ちもわかるし、自分も医療従事者として簡単にはNoと言えません。

ただ本来の目的以外でそれらの薬を使用する選手もたくさんいます。

これはアスリートだけでなく一般の方にも言える事だと思います。

クスリは使う本人の意思次第で善にも悪にもなります。本来の目的とは違う目的で使うことはその病気やケガで苦しんでいる人への冒涜以外のなにものでもないです。

みなさんもこれを機にクスリとの付き合い方を今一度見直してみては如何でしょうか?

お急ぎでない方はブログランキングのクリックよろしくお願いします<(_ _)>











ビットコインキャッシュ基軸通貨取引所CoinEX





Referral Programを使ってCoinEXトークンCETをゲットしよう!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

海外在住(アメリカ在住)アスレチックトレーナーとしてスポーツチームで働いています。仮想通貨が好きで、将来性もあると思っています。仮想通貨トレードは7月から本格的に始めました。はじめの数か月は無茶苦茶なトレードで原資を半分失いましたが、その後立て直し、今はわずかですが一応プラスになっています。ツイッターもやっているのでフォローお願いします。