メジャーリーグでドジャース選手の仮想通貨トークンが試合前に無料で配布される!?

仮想通貨とスポーツのコラボがついに実現!

皆さんこんにちはケーエーです!

今日は緊急ニュースです。

アメリカの4大スポーツの一つMLB(メジャリーグ)で仮想通貨トークンが,試合に来る先着4万人のファンに無料配布されることが決まりました!

このイベントが実施されるのは9月21日のサンディエゴパドレス戦の試合前です。

先着4万人のファンにイーサリアムトークン上に存在するボブルヘッド人形が配られます。配られるのは以下の3選手

ドジャースのエースピッチャー

Clayton Kershaw クレイトンカーショー選手

ドジャースの主軸を打つこともある

Justin Turner ジャスティンターナー選手

ドジャースのリリーフエース

Kenely Jansen ケンリージャンセン選手

Σ(゚Д゚)

いずれもドジャースの主力選手です!

残念ながら同じくドジャースに所属する日本人選手、前田健太選手は今回のイベントから漏れてしまいましたが、今後追加される可能性もあるので期待です。

ボブルヘッド人形とは?

ボブルヘッド人形とは胴体と頭の間にある首にバネを中間体として揺らすと頭が上下左右にぶるぶると揺れて動く人形です。

みなさんも一度は写真や、お土産コーナーなどでみたことあるかもしれません。

野球選手のボブルヘッド人形に火が付いたのは1960年代ですが、ボブルヘッド人形自体の歴史はもっと古いようです。

下のリンクでボブルヘッド人形の詳しい歴史解説が見れます。

ボブルヘッド人形の歴史

そして90年代ごろからアメリカのメジャーリーグのチームが、試合に来てくれたファンへ先着順に選手やマスコットのボブルヘッド人形を無料で配るようになりました。

メジャーで活躍した日本人選手のボブルヘッド人形も配布されました。

このボブルヘッド人形アメリカではかなりポピュラーな商品で、おもちゃ屋さんや、スポーツチームのグッズショップ、お土産屋さんなどで見ることができます。

今でも根強いコレクターがいて、貴重なボブルヘッド人形は高額で買い取られています。

MLB Crypto Baseballとの関係性?

メジャーリーグと仮想通貨といえば、前にこのブログでもお伝えしたように、メジャーが公式に関わっている仮想通貨ゲームMLB Crypto Baseballというものがあります。

このゲーム内ではメジャーの各チームの選手のフィギアが、イーサリアムトークンとして売られています。

そのフィギアをイーサリアムで売買して、チームを作り、実際のメジャーの試合の結果や選手の成績がこの仮想通貨ゲームに反映されるというものでした。

詳しくはコチラからどうぞ

MLB Crypto Baseball!メジャーリーグと仮想通貨の夢のコラボ!!

2018.08.29

今回ドジャースによって無料配布されるデジタルボブルヘッド人形のトークンは、MLB Crypto Baseball内では使えないようです。

*ジャスティンターナー選手

しかしながらMLB Crypto Baseballの存在がなければこのイベントも無かったと言っても過言ではないでしょう。

そしてこのデジタルボブルヘッドトークンはイーサリアムウォレット上に保管されるため、これをもらうファンはおのずとイーサリアムウォレットを作る必要がでてきます。

これは今まで仮想通貨になんら興味がなかった人が仮想通貨に触れる, いい機会になると思っています!

ドジャースがこのイベントをやる意義

ロサンゼルスドジャースは昔からプロスポーツ界のパイオニア的な存在です。

アメリカ生まれでないアジア系選手を、いち早く受け入れたのもドジャースでした。

そしてトレーナーの世界でもアメリカの4大プロスポーツで(アメフト、野球、バスケ、アイスホッケー)、女性初のヘッドアスレチックトレーナーを採用したのもドジャースが最初です。

Sue Falsoneさんが2008年のシーズンから2013年の終わりまで、約6シーズン務めました。

因みにアメリカ4大プロスポーツの内で一番規模が大きいアメフト(NFL)初の女性アシスタント・アスレチックトレーナーとなったのは日本人女性の磯 有理子(Iso Ariko)さんです。

彼女が現れるまでアメリカのプロスポーツは完全男性のみの世界だったので、日本人というだけでなく女性の代表として、日本のみならずアメリカのメディアからも注目を集めました。

彼女は2002年から2011年の約10年間アシスタントアスレチックトレーナーとしてPittsburgh Steelers (ピッツバーグスティーラーズ) で働きました。

現在は大学のアメフトチームでヘッドフットボールアスレチックトレーナーとして働いています。

話が少しそれましたが、ドジャースは昔からパイオニア精神、つまり他のチームがやったことがないことをやろうとするチャレンジ精神があります。

ドジャースがやった後に他のチームも参入するという事がおおいです。

今回のトークンをプロスポーツの試合で無料配布するイベントも世界初です。

今後ドジャース以外のプロスポーツチームで似たようなイベントが実施される日も近いのかもしれません。

まとめ

アメリカでプロスポーツチームが世間に与える影響は日本人が思っているよりも大きいです。

その中でもドジャースというメジャーリーグでも1位、2位をあらそう人気チームがトークンを試合前に無料配布するという意義は大きいと思います。

ファンや選手はもちろん、他のプロスポーツ選手にも影響を与えると思います。

仮想通貨とスポーツのコラボが現実のものとなってきて、スポーツ界で裏方として働いているケーエーとしては嬉しい限りです!

お急ぎでない方はブログランキングのクリックよろしくお願いします<(_ _)>











ビットコインキャッシュ基軸通貨取引所CoinEX





Referral Programを使ってCoinEXトークンCETをゲットしよう!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

海外在住(アメリカ在住)アスレチックトレーナーとしてスポーツチームで働いています。仮想通貨が好きで、将来性もあると思っています。仮想通貨トレードは7月から本格的に始めました。はじめの数か月は無茶苦茶なトレードで原資を半分失いましたが、その後立て直し、今はわずかですが一応プラスになっています。ツイッターもやっているのでフォローお願いします。