海外からの仮想通貨ニュース 2/6/2018 (米上院仮想通貨公聴会、台湾地震)

みなさんこんにちは、ケーエーです。今日は久々の海外からの仮想通貨ニュースです!

ウォール街ボス
日本時間の7日の深夜アメリカの議会で仮想通貨公聴会が開かれたのじゃ
ケーエー
日本ではテザー社の事について言及があるのではないかと、仮想通貨界隈では注目された公聴会でした。

アメリカ上院で仮想通貨公聴会が開かれる

日本時間の2月7日0時にアメリカ上院で仮想通貨公聴会が開かれ、ICOの規制などが議論されました。

日本ではテザー社の疑惑の追及が行われるのではないかととても話題になりました。テザー疑惑についてはコチラ↓

Tether(テザー/USDT)が崩壊するとなぜ仮想通貨市場が「ヤバい」のか?

2018.01.31

結論から言うと、テザー社の疑惑については一切話されませんでした。どうやらFUDだったようです。(Fear Uncertainty and Doubt 恐怖、不安、疑念の略)(;´・ω・)

主にICOの規制について話し合われました。

テザー社がCFTCから召喚状(簡単に言えば呼び出し(# ゚Д゚))を受けたというニュースがあったので、そこからこの仮想通貨公聴会でテーザー疑惑が追及されるという正確ではない情報が流れたのかもしれません。

私自身も公聴会の前日にこの仮想通貨公聴会でテザー社のことについて言及する英文を色々探していたのですが、見つからなかったので、もしやとは思ったのですが(;・∀・)。

でも結果仮想通貨市場が回復したので良しとしましょう(笑)

今回の一件で仮想通貨業界にはウソのニュース、FUDのニュースが溢れていると思い知らされました。

トレードプランや資産管理のためにも正しい情報を得る努力を怠らず続けていきたいと思います。

台湾地震

台湾でマグニチュード6を観測する地震がありました。

コチラのブログ記事を見て、今こそ手数料が高くなく、中間業者に搾取されることがない仮想通貨によるディレクト義援が行われるべきでないかと考えさせられました。

ちなみに台湾は日本が東日本大震災で苦しんでいた時に、とても多くのの支援をしてくれた国の一つです。

今こそこの恩返しをする時だと思います!エイミーさんのこの発言が大きなムーブメントを起こすことを願います。

おわりに

いかがだったでしょうか?今回はかなり短くまとめてみました。私のブログは解説や説明など長いものが多いので、たまにはこのような簡潔的な投稿もいいのではと思い、書きました。

仮想通貨の事について色々解説記事などを書く事が多くなり、改めて人にわかりやすく説明することの難しさを感じています( ̄▽ ̄;)

池上彰さんはそれをいとも簡単ににやってのけるので、彼の凄さが身に染みてわかります!

これからもわかりやすく、有益な情報をお届けできるよう精いっぱい記事を書いていきますので応援よろしくお願いします<(_ _)>

お急ぎでない方はブログランキングのクリックよろしくお願いします。

人気ブログランキング











ビットコインキャッシュ基軸通貨取引所CoinEX





Referral Programを使ってCoinEXトークンCETをゲットしよう!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

海外在住(アメリカ在住)アスレチックトレーナーとしてスポーツチームで働いています。仮想通貨が好きで、将来性もあると思っています。仮想通貨トレードは7月から本格的に始めました。はじめの数か月は無茶苦茶なトレードで原資を半分失いましたが、その後立て直し、今はわずかですが一応プラスになっています。ツイッターもやっているのでフォローお願いします。