海外在住日本人におススメの取引所クラーケンのアカウント登録方法

みなさまあけましておめでとうございます!ケーエーです。

 

皆様の2017年はいかがだったでしょうか?私の2017年は仮想通貨を始めたり、引っ越ししたりと、色々刺激のある一年になったと思います。今日は前回の続きで海外特にアメリカに住んでいて、仮想通貨の取引を始めるなら、一番最初にどこでアカウントを作るべきかということの詳細を書いていきます。

 

前回も書きましたが、おススメはKraken(クラーケン)です。理由としては日本語に対応しているので、投資初心者でも登録しやすい。そしてセキュリティーがしっかりしているので、安心して取引ができます。ではさっそく見ていきましょう。

 

前回の記事はこちら↓

海外(アメリカ)在住日本人が仮想通貨を始める際のおススメ取引所

2017.12.31

 

Kraken(クラーケン)でアカウントを作る

 

これがクラーケンのトップページです。わかりやすく目の前にCREATE AN ACCOUNTとありますね。Emailアドレス、Username、そしてPasswordを入れましょう。

もし日本語でやりたければ、ページの一番下まで行き、

LanguageのところでJapaneseを選べば…このように日本語ですすめることができます

メールアドレス、ユーザー名、パスワードを記入したあと「私はKrakenのサービス利用規約とプライバシーに同意します」のボックス(赤丸)のところをクリックして、新規登録を押せば完了です。

少しして、クラーケンから登録したメールアドレス宛に下記のようなメールが来ます。

赤丸がついているリンクをクリックしてアカウントを有効化します。すると下のようなページが出てきます。

確認コード、ユーザー名、パスワードを入れて、I’ am not a robotをクリック。そしてアカウント確認を押します。

するとこのような青字で登録完了のお知らせが出ましたら、アカウント登録完了です。

 

認証レベルを上げる

アカウントを作ったばかりだと、認証レベル0なので、何もすることができません。自分の個人情報を入力することによって、認証レベルを上げていきます。

ページ上部の認証申請をクリックすると、認証レベルの一覧表が出てきます。認証レベル1は氏名、生年月日、居住国、電話番号を入れることで、認証されます。

 

ただこの状態では仮想通貨同士での取引しかできません。もしドルでビットコインなどの仮想通貨を買うならば、最低でも認証レベル2まで上げなければなりません。認証レベル2は住所を登録すれば、認証されます。

 

これで一日$2,000.00(約22万円:1ドル110円換算)の入金と一日$5,000.00までの出金が可能です。ひと月では$10,000.00(約110万円:1ドル110円換算)までの入金と$50,000.00までの出金が可能です

 

さらに認証レベルを3まで上げればさらに多くのお金を入出金することができますが、パスポートないしは運転免許証、現住所の確認できる書類(3か月以内の公共料金の請求書など)、もしアメリカ在住ならばソーシャルセキュリティーナンバー、そして顔写真の書類を提出する必要があります。これらは全部スキャンもしくは写真を撮って、Eメールで送れるので、郵送する必要はありません。

 

もし、始めたばかりであれば認証レベル2までで、十分だと思います。やっていく中で、必要となれば、認証レベル3まで上げるというスタンスでオッケーです。

 

二段階認証で自分のアカウントのセキュリティーをより強固なものにする。

二段階認証とは自分が最初に設定したパスワードとは別に、もう一つパスワードを設定して、自分のアカウントを外部から守るためのものです。どこの取引所でも、ほぼすべての仮想通貨を取引している人もこの2段階認証をお勧めしています。すこしめんどくさく感じるかもしれませんが、とても大事なことなので設定しましょう。

 

セキュリティーのタブに行き、二段階認証をクリックします。いつ二段階認証を確認するようにするか設定することができます。アカウントログイン時だけなのか、ログイン、取引、入出金の時すべてに二段階認証を付けたいのか、設定をします。ここでは試しにアカウントログインの二段階認証をしてみます。

アカウントログインをクリックすると写真のように、二段階認証のやり方が4つの中から選べます。Yubikeyはわからないので飛ばしますが、パスワードは一番最初に作ったパスワードとはまた別のパスワードを設定します。

 

Google認証はGoogle Authenticatorというアプリをダウンロードする必要があります。このアプリを使いQRコードを読み込んで、ログインの際にこのアプリが表示した数字を打ち込むという方法です。TOTPは(Time-based One Time Password )の略で、一定時間たつとGoogle Authenticatorが新たなパスワードを発行します。HOTPは(HMAC One Time Passwordの略で、ログインのたびに、Google Authenticatorが別のパスワード作ります。

 

Google認証が一番安全ですが、仮想通貨自体が初めてで、Google Authenticatorの使い方がわからない場合は最低パスワードだけでもいいので、自分の二つ目のパスワードを設定しましょう。

 

Google Authenticator は安全な二段階認証の手段ですが、Google Authenticator自体のバックアップが取れないため、何の準備もなしに携帯の機種変更や、携帯をなくした場合、自分のアカウントに入れなくなる恐れがあります。その辺のことはくりぷとさんが、わかりやすくまとめてくれているので、時間のある人はぜひ読んでみてください。

 

 

以上でアカウントの開設、二段階認証の設定は完了です。あとはお金を入金すればいつでも取引を始められます!

 

実際に仮想通貨取引をしてみよう

 

上部タブの取引をクリックすると上の写真のような画面が出てくると思います。まず成り行き注文(今現在のビットコイン価格で取引する)か指値(最初に、ビットコインがこの値段までいったら、取引をコンピューターが自動でしてくれる)を決めます。

 

上の写真は成行注文の画面です。

 

XBT(ビットコインの略称)の欄に自分が欲しい量のビットコインを記入します。現在1ビットコイン$13320.00なので、少しだけビットコインを買いたい場合は、例えば0.00077とタイプすると、USDとなっているところに$10.19とでます。つまり約10ドル分のビットコインを買うということですね。10ドルだけ買いたいのであれば、あとはUSDを売ってXBTを買うという緑のボタンをクリックします。すると自分の注文のサマリーが出ます。もし本当にこの条件で買いたいのであれば、注文を送信を押して、注文完了です。

 

指値の場合

 

0.00077のすぐ横にあるUSDのところにこのドル価格になったらビットコインを買いたいという値段をいれ、ここでは例えとして$13450.00を入れました。そして緑のUSDを売ってXBTを買うを押して、注文サマリー画面でもう一度自分の注文をチェックして、注文を送信を押して、注文完了です

 

ちなみにもっと細かく注文の設定をしたいという方は、画面左上部の、中級、上級をクリックすれば、注文をさらに詳細に設定できます。

以上が、クラーケンでのアカウント開設から、二段階認証の設定、仮想通貨トレードまでの工程でした。これで好きなように仮想通貨をトレードできます! お疲れさまでした。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は入出金のプロセスは割愛しましたが、要望があれば、書きたいと思います。もしわからないことや質問があれば気軽にこのブログのお問い合わせフォーム、もしくはツイッターで直接メッセージをください。

みなさんの2018年がいい年になりますように! ケーエー 

ブログランキングに登録しています。もしお急ぎでなかったら、クリックお願いします。


人気ブログランキング











ビットコインキャッシュ基軸通貨取引所CoinEX





Referral Programを使ってCoinEXトークンCETをゲットしよう!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

海外在住(アメリカ在住)アスレチックトレーナーとしてスポーツチームで働いています。仮想通貨が好きで、将来性もあると思っています。仮想通貨トレードは7月から本格的に始めました。はじめの数か月は無茶苦茶なトレードで原資を半分失いましたが、その後立て直し、今はわずかですが一応プラスになっています。ツイッターもやっているのでフォローお願いします。