仮想通貨 X スポーツ

皆さんこんにちは!ケーエーです。

 

今日はスポーツ X 仮想通貨という視点でブログを書いていきたいと思います。正直仮想通貨とスポーツでは全く接点がないような気がする人もいるかもしれませんが、そんなことありません、特に欧米ではスポーツ=大きなビジネスチャンスです。つまり大きなお金が動きます。

 

それに着目した仮想通貨ミリオネアがいました。

仮想通貨でスポーツ選手の年棒を支払い!?

 

この記事によればBitcoin Suisseという会社がデンマークのRungsted Seier Capitalといアイスホッケーチームとのパートナーシップを結び、選手がビットコインで給料を受け取る機会も与えられ、チームが試合をするアリーナはビットコインアリーナと名称も変えられるそうです。このパートナーシップは2017年の12月27日から3年間続くようです。さらに詳しい情報をさがしたところ、下記の二つの記事を見つけました。

 

 

フォーラム内とこのニュース記事によれば。Bitcoin Suisseといのは仮想通貨ファイナンス会社であり、同社の社長であるNiklas Nikolajsen 氏はビットコインや仮想通貨で成功した方のようです。

 

現在Saxo Bank Arenaと呼ばれるチームの本拠地もBitocoin Arenaに名前を変更されます。さらにスケートリンクの中央には長さ約9メートルに及ぶビットコインのロゴマークが埋め込まれるようです(´゚д゚`)

 

またアリーナ内のバーではビットコイン、イーサリアム、そしてビットコインキャッシュでお酒を飲むことができます。

 

Rungsted Seier Capitalと4年契約を結んでいるNikolaj Rosenthal選手は自分の年棒をビットコイン払いにする契約に同意しました。現在チーム内では彼のみがビットコインによる支払ですが、Nikolaj Rosenthal選手によれば、他のチームメイトもビットコインでの年棒を受け取る可能性があるだろうと述べています。

 

 

選手にとっても将来的に価値の上がる可能性もある仮想通貨で給料が支払われることをモチベーションに頑張る選手もきっと出てくると思います。もちろん仮想通貨市場が暴落する可能性ももちろんありますが(;・∀・)でもスポーツの中にあるギャンブル的な要素というのはだれもが魅了されるものだと思います。

 

スポーツギャンブルの報酬もビットコイン?

アメリカでもっとも人気のあるスポーツ、アメリカンフットボール、そのプレイオフゲームが先週末から始まりました。アメリカではFantasy footballやFantasy baseballなどのFantasy Leagueがとても盛んです。

 

Fantasy Leagueとは、リーグ内のチームから自分の好きな選手を選んで、自分の仮想チームを作り、自分が選んだ選手と実際の試合でのプレーに応じて、その仮想チームの選手にポイントがつけられ、より多くのポイントを上げた仮想チームの勝利という、リアルとバーチャルが連動するゲームです。たいていどのFantasy League にも優勝者には報酬として、賞金が支払われることが多いです。

 

上の記事によれば、Fantasy League を運営するFan Duelという会社はアメフトのプレイオフのFantasy Leagueの賞金をビットコインで支払うことを決めました。

 

無料で参加できるBitcoin Bowl Free Playで優勝すれば、1ビットコインが賞金として支払われ、Bitcoin Bowl Tournamentは3ドルの参加費がかかりますが、優勝賞金は倍の2ビットコインです。2位の人には0.5ビットコイン3位と4位の人には0.25ビットコインがそれぞれ賞金として支払われます。

 

 

参加者はクオーターバック、キッカー、タイトエンド、ディフェンスプレイヤーなどこのプレイオフで活躍しそうなプレイヤーを選びチームを構成し、一番多くのポイントを獲得した人が優勝です。

 

これも面白いですね。スポーツギャンブルにプラスで、自分の受け取った賞金がさらに上がる、もしくは下がる可能性があるので、ドキドキ感がたまらないと思います。

 

そして優勝賞金もすごいですね(;´・ω・) 1ビットコインは現在日本円で170もしくは180万円ほどの価値があるので、Free PlayとTournamentの両方とも参加して、勝てば合計3ビットコイン!?一年間働かなくていいぐらいのお金になってしまいますね(;”∀”)

 

これからも仮想通貨とスポーツのコラボレーションに注目していきたいと思います!

 

まとめ

いかがだったでしょうか?スポーツ界にも仮想通貨の波が少しづつ押し寄せてきていると思いませんか?

 

私は裏方としてプロのスポーツチームでインターンとして、働いたこともあります。

 

その時の感想を一言で述べるならプロスポーツはビジネスです。まあ当然といえば当然かもしれませんが、ビジネスはビジネスでもかなりシビアだと思います。

 

たとえ実力があっても、フロントの思惑と違えば、自分より劣った選手が試合に出て、自分は出れないわけですから。それにプロスポーツ選手のレベルになれば、ほぼどの選手も使い続けられれば、それなりの結果を出します。つまり、自分より能力が劣った選手でも、試合に出続けていれば、自分よりもいい結果を残すことが十分にあるのです。

 

 

そして結果を出せなければ、解雇です。悪い言い方をすれば選手はチームのお金儲けのコマにすぎません。とくに欧米では日本よりも、選手の入れ替わりサイクルが早いです。

 

話が脱線してしまいましたが、言いたかったことはプロはスポーツがビジネスである以上、チームのオーナーは少しでも人々の注目が得られて、お金が稼げる方法を使うといことです。仮想通貨は今全世界で注目されています。プロスポーツ経営者がこれに目を付けないはずがありません。これからも仮想通貨とスポーツのコラボレーションが増えていくと思います。

 

これからも仮想通貨界とスポーツの関わり合いに注目です!

もしお急ぎでない方はブログランキングのクリックお願いします


人気ブログランキング











ビットコインキャッシュ基軸通貨取引所CoinEX





Referral Programを使ってCoinEXトークンCETをゲットしよう!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

海外在住(アメリカ在住)アスレチックトレーナーとしてスポーツチームで働いています。仮想通貨が好きで、将来性もあると思っています。スポーツ、リハビリ、トレーニング、映画、語学、テクノロジー、投資などに興味があります。このブログを通じて皆さんにスポーツトレーナーをもっと身近に感じてもらえたら、嬉しいです!