海外からの仮想通貨ニュース1/4/2018(ビットコインキャッシュ)

こんにちわ、ケーエーです。今日から仕事はじめの方も多いと思いますが、週末はすぐそこです!頑張りましょう!(^^)!今日はビットコインキャッシュの話題が海外ニュースサイトで目についたので、それについてまとめていきたいと思ます。

Gavin Andresen氏のビットコインキャッシュ開発に携わる可能性

Gavin Andresen氏とはサトシ・ナカモトさんからビットコインの開発を引き継いでビットコインの発展に携わっていた方です。今はビットコインの開発から退いているので、元コア派と呼ばれています。

 

そのGavin氏がGitHubというソフトウェア開発プロジェクトのための共有ウェブサービスの中で、ビットコインキャッシュのネットワークのアイディアをだしているそうです。

 

この報道を受けて、ビットコインキャッシュコミュニティは大いに盛り上がっていて、Gavin氏が2017年11月頃にだしたツイート”Bitcoin Cash is what I started working on in 2010: a store of value AND means of exchange.”  (ビットコインキャッシュは私が2010年から取り組んでいた価値の保存と交換両方ができるものです。)に着目しています。

 

ビットコインは送金づまりや手数料の高さからこのままでは決済通貨として使うのは現実的ではないのではないかという声が日に日に高まっています。実際多くの仮想通貨界の大物がビットコインキャッシュに関する発言や行動を起こしています。

 

ビットコイン界でGOD(神様)と言われているロジャーバー氏

 

https://twitter.com/NonTsukin/status/948389609733423104

XRPの普及に力を注いでいるSBIの北尾さんも

さらに私が普段お世話になっているBitcoin.comのCTOも

 

このように多くの人がビットコインからビットコインキャッシュにトレンドが変わるのではないかと予想しています。また仮想通貨のマイニングを代行してくれるサービスを提供していることで、有名な会社Genesis Miningは自社のマイニングサービスの通貨ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ダッシュ、モネロ、zキャッシュに加えて、ビットコインキャッシュもサービスに追加すると昨日(1/2/2018)発表しました。

 

Genesis Miningは顧客から任意の金額を受け取り、仮想通貨のマイニングを行ってくれる代行業者です。顧客はマイニング用の機材も電気代も心配することなくマイニングの報酬を得ることができます。

 

さらにビットコインキャッシュで決済できる所も増えてきています。

 

音楽レコード会社のEruceは数日前にビットコインで決済出来ていた自社の音楽や他の製品をビットコインキャッシュの決済に切り替えると発表しました。ビットコインキャッシュ決済に切り替えた理由として、ここ2か月のビットコインの手数料の高さなどが決め手となったようです。

 

フロリダ州のメディカルセンターの長であり、自身も美容整形の医師であるドクターDanny Soaresさんはビットコインキャッシュで同氏の手術代を決済できることを発表しました。

 

 

Amazonギフト券、Steam、iTunes、Starbucksなどのギフトカードを売買するサイトCryptonize.itでもビットコインキャッシュでの決済が可能になりました。アマゾンやiTunesでは仮想通貨の決済を認めていませんが、Cryptonize.itで仮想通貨(ビットコインキャッシュ)でそれらのギフトカードを買い、そこからそのギフトカードを使ってアマゾンやiTunesで買い物ができるわけです。

 

一つ代行業社を通さなければなりませんが、これはアマゾンやiTunesの製品を仮想通貨で買い物できるということとほぼ同意義なのではないでしょうか。

 

日本でも有名なところではお笑い芸人で飲食店も経営しているたむけんこと、たむらけんじさんの焼肉店でもビットコインキャッシュでの決済を取り入れました。

 

 

このようにビットコインキャッシュでの実用化ドンドン広まっています。2018年ビットコインキャッシュがどれくらいの速さで世の中に使われるようになるのかが楽しみです!

まとめ
初期のビットコイン開発に携わったGevin氏がビットコインキャッシュの開発に貢献する可能性がある

多くの仮想通貨界の大物がビットコインキャッシュ寄りの発言や行動をしている

ビットコインキャッシュで決済できるお店やウェブサイト、または医療が増えている

 

参照記事:元ネタ1元ネタ2

 

まとめ

いかがだったでしょうか?8月にビットコインキャッシュがビットコインからハードフォークされた時はたくさんの批判や役に立たないといった声も聴かれましたが、フタを開けてみれば、わずか5か月ほどで、こんなにも評判が変わっています。改めて、世の中と仮想通貨業界の時間の移り変わる速さに驚きです。

 

これだから、私も含めて仮想通貨にハマる人が数多くいるのだと思います。私もビットコインキャッシュホールダーとして、ビットコインキャッシュで決済できるお店や場所が増えることを切に願っています。

 

ここ数日海外からの仮想通貨ニュースばかりになってしまっていますが、私が仮想通貨を知ったキッカケや始めた理由、また仮想通貨 X スポーツとのコラボなどの記事も上げていきたいと思っています。

 

明日でブログを始めて、10日になります。とりあえずはじめの目標であった最低でも10日はブログを書き続けるという目標は達成できそうです。まだまだはじめたばかりのこのブログですが、これからも応援よろしくお願いします。

人気ブログランキング











ビットコインキャッシュ基軸通貨取引所CoinEX





Referral Programを使ってCoinEXトークンCETをゲットしよう!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

海外在住(アメリカ在住)アスレチックトレーナーとしてスポーツチームで働いています。仮想通貨が好きで、将来性もあると思っています。スポーツ、リハビリ、トレーニング、映画、語学、テクノロジー、投資などに興味があります。このブログを通じて皆さんにスポーツトレーナーをもっと身近に感じてもらえたら、嬉しいです!