ブロックチェーンとスポーツ!NANJ, エンゲート, MLB Crypto Baseball, ChiliZ, FTOなどなど!

みなさんこんにちはケーエーです!

2018年も暮れに近づいています。

一年というのはあっという間ですね(^^;

 

仮想通貨市場は2017年の年末から2018年1月上旬にかけて最高の盛り上がりをみせて、

そのあと大暴落をしました。

コインチェックハッキング事件なども重なり、

そのまま2017年年末の盛り上がりを取り戻すことなく、

今に至ります。

 

市場は低調でしたが、スポーツと仮想通貨という意味では2018年はいい年だったと思います!

個人的にはブロックチェーンとスポーツ元年と言ってもいいくらい、

ブロックチェーンとスポーツ関連のプロジェクトが誕生して、

歩みをはじめた1年だったと思います。

 

今日はそんなスポーツとブロックチェーンの1年を、

時系列順に並べ、

 

更に自分の過去に書いたブログを参照にしながら

2018年を仮想通貨業界とスポーツという視点から、

振り返っていきたいと思います!

2018年1月

デンマークのプロホッケー選手への年棒が、

ビットコインで支払われる可能性があるとのニュースが報道されました。

デンマーク出身のビットコイン長者 Niklas Nikolajsen 氏が、

同氏が所有するプロホッケーチームの試合も行われるスケートリンクを、

”Bitcoin Arena”と改名することを発表しました。

このニュースが報道された当時は、

ビットコインも200万円ほどの値段を付けていた時で、

仮想通貨市場が一番過熱していた時期といっても過言ではないと思います。

 

仮想通貨にかかわるすべての人が夢を見ていたイイ時でした(笑)

仮想通貨 X スポーツ

2018.01.10

プロスポーツチームと仮想通貨

 

そして1月の下旬にはDASHという匿名系通貨が、

総合格闘家のスポンサーをするという事でも話題になりました。

マクドナルド選手は試合前日の計量日には、

DASHと書かれたTシャツを着て登場!

そして試合当日も同じTシャツ、

更に短パンにもDASHとデカデカと書かれたものを着用しての試合となりました。

 

試合は挑戦者であるマクドナルド選手がチャンピオンを破り、

見事にチャンピオンベルトを奪取(DASH)しました(笑)

海外からの仮想通貨ニュース1/22/2018(DASH総合格闘技ファイターのスポンサーになる)

2018.01.22

DASHが総合格闘技のスポンサーに

2018年2月

今年の2月といえば冬季オリンピックが平昌でありましたね。

このオリンピックでメダルを取ったカナダのスピードスケーターのスポンサーが、

仮想通貨関連会社だったことでも話題を呼びました。

またこの大会でアメリカのリュージュ代表チームが、

仮想通貨で寄付を募ったこともニュースになりました。

寄付されたビットコインの枚数によって、

ビットコインのロゴを同代表のアパレルや、

そりにつけるということでした。

個人的にはこのニュースの最後の一文が好きです(笑)

もし2100万ビットコインが集まったら、「サトシを見つけ出してソリに乗せる」と、チームはおどけて約束している。2100万ビットコインは、もちろん採掘可能な最大量のビットコインだ。

ユーモアたっぶりのこの感じがたまりません( ´艸`)

平昌(ピョンチャン)オリンピック X 仮想通貨特集!!

2018.02.16

平昌オリンピック X 仮想通貨特集!!

2018年3月

3月になっても仮想通貨市場はコインチェック事件の余波を受けたまま、

相変わらずの冷え込みでした(^^;

しかしながらそんな落ち込んだ市場に一筋の光が差します。

 

そうNANJ COINのCoinexchange上場です!

モナコインに続け!5ch(2ちゃん)発NANJ COIN!!

2018.03.07

NANJコインとは?

 

スポーツに特化した日本国産の仮想通貨プロジェクトということもあり、

話題を呼びました!

 

具体的にはスポーツ選手への投げ銭や、スポーツショップでのNANJ COIN決済を可能にして、

最終的にはスポーツチームの運営をすることを目標にプロジェクトが立ち上がり、

エアドロップも行われました。

 

実際にCoinexchangeに上場した際には、

1Sat上場という、

これまでにないスタイルでの上場方式も注目を浴びました。

実録!NANJ COIN上場記念特別ドキュメント!!1satoshi に全てをかけた人々!!!

2018.03.18

NANJ COIN上場記念ドキュメント

しかも話題が話題を呼び、

上場後24時間で、

最高で 8 Sat まで上がるというお祭り騒ぎを見せました!

 

1 Satで買えた人はすでにこの時点で8倍の利益がでたことになります。

4月には最大で66 Satの値段をつけて、

上場時に1 Satで買えた人は66倍になったというクレイジーぶりでした(笑)

2018年5月

5月にはNANJ Coinが日本のe-sportsチームとコラボして、

同チームの選手への仮想通貨による投げ銭企画が実現しました!

NANJとBitcashのコラボからのE-sportsの大会Combo Breaker速報!

2018.05.27

NANJとe-sportsのコラボ

アメリカで行われたCombo Breakerというe-sports の大会で、

日本のe-sportsチームCyclopsに所属する3選手、

どぐら選手、Go1選手、フェンりっち選手に対して、

NANJ COINで大会前と大会中に投げ銭が行われました。

 

当時のNANJのレートで日本円にして約380万円分の投げ銭が集まりましたΣ(・ω・ノ)ノ!

 

NANJとBitcashのコラボの成功から次にNANJができそうなことを勝手に考察!

2018.05.30

NANJとBitcashのコラボの成功から考える

 

NANJ運営人のひとりであるハゲ先生もこのようなツイートをしていました。

仮想通貨によるe-sports 選手への投げ銭企画は、

初めてだったこともあり、

大いに盛り上がりました!

2018年8月

夏真っ盛りの8月になり、

メジャーリーグがDAppsと呼ばれる、

イーサリアムのゲームを作っている会社Lucid Sight社と、

タッグを組んでイーサリアムトークンベースの野球ゲーム、

MLB Cryptobaseballを始動させました!

MLB Crypto Baseball!メジャーリーグと仮想通貨の夢のコラボ!!

2018.08.29

メジャーと仮想通貨の夢のコラボ

同ゲームでは、

メジャーリーガーをイーサリアムトークン上で、

フィギアとして販売して、

そのフィギアの選手たちを集めてチームを作り、

更にフィギアを増やしていくというゲームでした。

 

このゲームのすごい所は、

実際のメジャーリーグの試合結果が、

ゲーム内で反映されることです!

 

自分が持っているフィギアの選手のチームが、

実際の試合で勝てば、

その報酬として、

レアなフィギアをGETできるというシステムです。

 

このゲームの影響もあり、

9月にはあの前田選手も所属するロサンゼルスドジャースが、

同チーム3選手のイーサリアム上トークンを、

試合に来た先着4万人に無料配布をするというイベントを行いました。

メジャーリーグでドジャース選手の仮想通貨トークンが試合前に無料で配布される!?

2018.09.08

ドジャース選手の仮想通貨トークンが無料配布

今までのスポーツコレクター商品といえば、

 

野球カードやボブルヘッド人形

 

といったものが主流でしたが、

これからはオンライン上で保有できるコレクターアイテムも、

盛んになると、

思わせてくれるイベントでした!

2018年9月

9月に入りずっと待望されていた、

NANJウォレットがリリースされました。

NANJウォレットの使い方と投げ銭のやり方!

2018.10.21

NANJウォレットでの投げ銭とその将来性

これは携帯アプリのウォレットで、

IOS版とアンドロイド版の両方がリリースされました。

 

このウォレットの画期的なところは、

これまでNANJ COINを含めた、

イーサリアムトークンの送金にかかっていた

ガス代という、

イーサリアムで支払わなければならない送金手数料が、

NANJ COIN建てで払えるようになっていることです!

 

このウォレットの誕生によって、

今まで以上に、

投げ銭が簡単に行えるようになりました。

2018年10月

10月には株式会社エンゲートが、

同社のプラットフォームを使った、

スポーツ観戦時の投げ銭サービスを発表しました。

エンゲートはプロバスケのBリーグのチームや、

野球の四国独立リーグのチームと業務提携を行い、

提携チームの試合中の投げ銭企画を実施しました。

 

エンゲートが推進するスポーツ投げ銭 ”ギフティング” とは?

2018.10.26

エンゲートが提案するギフティングとは?

 

実際に試合会場に行かれて、

投げ銭の体験をした方の記事もあります。

まだまだ課題も多いこのサービスですが、

このような企画が実際に行われたという事実が大事だと思います!

 

なによりも2018年が始まった段階では、

誰も年内にこのようなスポーツと仮想通貨のコラボレーションが起こるとは、

予想していなかったと思います。

 

仮想通貨業界のタイムラインが、

いかに速いかということを思い知らされるニュースでもありました。

2018年12月

2018年も終わりかけるという12月になって、

こんなツイートを発見します。

チリーズ(ChiliZ)に関しては知っていましたが、

e-sportsで使われるトークンだとばかり思っていました。

 

しかしながら、

みけさんのブログにもあるように欧州のサッカーチームとも提携して、

実際のサッカーの試合でも使えるような試みがされているとの事です。

 

さらに時を同じくして、

ブラジルのプロサッカーチームも仮想通貨を発行するとのニュース!

こちらはブラジルの実際に使われている通貨、

レアルと紐づけたステーブルコインを目指すとのこと。

スポーツチームで使われる仮想通貨を、

実際の通貨と連動させるという試みまで始まっているということで、

今後がとても楽しみなニュースです!

まとめ

いかがだったでしょうか?

このように今年1年を振り返ってみると、

2018年はブロックチェーンとスポーツ関連事業の、

元年

ともいえる年だったのではないでしょうか。

 

さらにここでは取り上げられなかったニュースも含めれば、

ブロックチェーンとスポーツの今後がさらに楽しみになります!

 

現在仮想通貨市場はあまり元気がありませんが、

今後2017年の時のような盛り上がりを見せたときに、

ここでに挙げたブロックチェーンとスポーツ関連のプロジェクトが、

輝きだしてくれるのではないかと期待しています。

 

お急ぎでない方はブログランキングのクリックよろしくお願いします<(_ _)>











ビットコインキャッシュ基軸通貨取引所CoinEX





Referral Programを使ってCoinEXトークンCETをゲットしよう!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

海外在住(アメリカ在住)アスレチックトレーナーとしてスポーツチームで働いています。仮想通貨が好きで、将来性もあると思っています。スポーツ、リハビリ、トレーニング、映画、語学、テクノロジー、投資などに興味があります。このブログを通じて皆さんにスポーツトレーナーをもっと身近に感じてもらえたら、嬉しいです!