Ledger Nano S 買い方ガイド!レジャーナノSを公式サイトから購入!

みなさんこんにちは、ケーエーです!

仮想通貨の保管の際に必要なウォレット。

取引所にそのまま置いといてもいいですが、Coincheckのハッキング事件もあったのでやはり不安ですよね。

仮想通貨ウォレットについてはコチラに詳しく書いています↓

コインチェックNEM不正流出からのMyEtherWalletの作り方①

2018.01.27

仮想通貨ウォレットについて

仮想通貨のオフラインのウォレットは、コールドウォレットとも呼ばれています!

 

そのハードウェアウォレットの中でも、人気があるのがレジャー社の

Ledger Nano S!

 

日本の公式代理店で買うこともできますが、レジャー社公式で直接買うより少し値段が高いです(^^;

2018年12月レジャーナノS値段比較

日本代理店: 9990円 + 500円(送料)=10,490円

レジャー社公式: 8900円

更にレジャー社公式サイトならば送料は無料なので、レジャーナノSの本体価格のみでの購入になります(日本代理店は500円の送料がかかる)

レジャーナノ公式での購入は英語での情報入力になるので、英語に慣れてない人は敷居が高く感じるかもしれませんが、

このガイドに沿って入力していけば英語に自信のない人でもちゃんと購入できます!

Ledger社の公式サイト

Ledger Nano S - The secure hardware wallet
レジャー社公式サイト

現在クリスマスセールと称して、2018年12月中はレジャーナノSが定価から30%オフで買えます!

2019年1月追記: 年が明けて2019年になりましたが、レジャー社公式サイトでは今でも30%オフセールをやっています(笑)

日本の代理店で購入するより安いので、買うなら今のうちに買いましょう!

カートに入れる

この画面がでてくるので、「Add to cart」をクリック

ちなみに黒以外の色を選ぶこともできます。

「Add to cart」をクリックすると、

画面の右側に商品の確認画面が出てきます。

赤枠で囲んだ「Check out」をクリック

送り先の情報を入力

上から

メールアドレス、名前、住所、市、送付先の国、県、郵便番号、電話番号の順で埋めます。

名前はパスポートに記載されているローマ字でイニシャルだけ大文字にすれば大丈夫です。

例:名前 Taro 苗字: Yamada

 

会社の名前はオプションなので書かなくて大丈夫です。

同じくアパートや団地の番号もオプションですが、

日本のように団地やアパート、マンションの住まいが多い国ではここも埋めましょう。

 

団地やマンション住まいの方は念のため住所の欄にも、お住いの部屋番号をいれて、

さらにアパートや団地のオプションのところにも、部屋番号を入れれば確実だと思います。

英語での住所記入する場合は、日本と並びがになるのでお気を付けください。

日本では

郵便番号 → 都道府県 → 市区町村 → 地域名 → ●丁目●番地●号 → 建物の名前・部屋番号

の順番で書くと思いますが、英語の場合は逆になります。

 

例として在日米大使館の住所を日本語から英語記入に変えてみます。

在日米大使館住所

〒107-8420 東京都港区赤坂1-10- 5

これを英語表記に変えると…

Embassy of the United States Tokyo Address

1-10-5 Akasaka, Minato-ku, Tokyo 107-8420, Japan

となります。

 

ただこのレジャーナノの申し込みフォームでは、住所、部屋番号、市、国、県と別れているので

住所:1-10-5 Akasaka, Minato-ku,

市: *赤坂は市ではありませんが、この項目は必ず埋めないといけないので、Akasakaと入れます。

国: Japan

県: Tokyo

のように記入します。

その他の注意事項
  • 丁目、番地、号はひとまとめにハイフンで書きます。
  • 区は-ku、
  • 階数は〇F (FloorのF)
  • 部屋番号は シャープでその後に数字#〇〇〇
  • 電話番号は先頭の0を省いて、81を頭につける 例:080-xxxx-xxxx → 81-80-xxxx-xxxx

これらの項目を埋めれたら一番下の

「Continue to shipping method」をクリック。

送金料金の確認

黒塗りのボックスのところに自分の名前と先ほど入力した住所が表示されます。

送付方法の丸のところをクリックしてチェックを入れます。

0円になっていればオッケー。

日本が送付先になっていれば、右側の値段のところも日本円に変わっているはずです。

これらの確認ができたら

「Continue」をクリック!

クレジットカード情報の入力

ここではクレジットカードでの支払い方法を選択していますが、もちろんペイパルやビットペイなどでも支払い可能です。

クレジットカード番号、カードに記載されている名前、有効期限月、有効期限年、カードの裏にある3桁のセキュリティー番号を入力します。

請求書先の住所が、送付先の住所と同じならば、

「Same As Shipping Address」

をクリック。

違う住所ならば

「Use A Different Address」

をクリックして、カードの請求書が来る住所を入力。

最後の二つのボックスにチェックを入れて、

「Complete Order」をクリックして、注文完了です。

お疲れさまでした!

まとめ

いかがだったでしょうか?

このガイドに従えば英語でもちゃんと購入できます!

 

レジャーナノSのようなコールドウォレットは、オンラインに繋いであるウォレット(ホットウォレット)よりは、

安全であると言われています。

 

しかしながら盗難の可能性がゼロになるわけではありません。

無事購入できた後はコチラ↓を読んで、マルウェアによるハッキング被害を最小限に防ぎましょう。

安全ではない? Ledger Nano Sの受信アドレスをマルウェアによって、ハッキングされる危険性

2018.02.04

レジャーナノSの受信アドレスをハッキングされる危険性

このマルウェアによる攻撃はレジャーナノSにされるのではなくレジャーナノSを繋ぐコンピューターに対してされるものです。

 

上記のブログに書いてある対処法はレジャー社公式も勧めている方法です。

自分の資産をまもるためにもレジャーナノSに送金するときは、送金アドレスを必ず確認しましょう!

お急ぎでない方はブログランキングのクリックよろしくお願いします<(_ _)>











ビットコインキャッシュ基軸通貨取引所CoinEX





Referral Programを使ってCoinEXトークンCETをゲットしよう!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

海外在住(アメリカ在住)アスレチックトレーナーとしてスポーツチームで働いています。仮想通貨が好きで、将来性もあると思っています。スポーツ、リハビリ、トレーニング、映画、語学、テクノロジー、投資などに興味があります。このブログを通じて皆さんにスポーツトレーナーをもっと身近に感じてもらえたら、嬉しいです!