アメリカ南部メンフィス・Memphis とBBQ!

みなさんこんにちは!

ケーエーです。

チームトレーナーとして今までアメリカの様々な地域に住んで、

遠征でも国内の色々なところを訪れました。

 

その経験を活かして、アメリカ南部の独自の文化を持つ州,

ルイジアナを以前ここでも紹介しました。

前回紹介したアメリカ南部ルイジアナの食文化ケイジャンフードが好評だったので、

 

今回は第二弾として、

同じくアメリカ南部のテネシー州にある都市メンフィスとその食文化にスポットを当てます!

ちなみに前回の特集はコチラ↓

アメリカ南部・ルイジアナの食文化!ケイジャンフードとは?

2018.11.16

Louisiana & Cajun Food 特集!

テネシー州メンフィスとは?

アメリカの真ん中の少し東よりに位置する州が、

Tennessee州、そしてその中でも西側にある街がMemphisです。

見た目はアメリカの中西部に属していてもおかしくない場所ですが、

独立戦争の時に南部軍側についたという事で、

今でもアメリカ南部という分け方をされます。

 

テネシー州には2つの大きい都市があり、

東にあるナシュビルと南西にあるメンフィスです。

メンフィス(英語: Memphis)は、アメリカ合衆国テネシー州の西端にある都市。州都ナッシュビルを上回る同州最大の都市で、ミシシッピ川に面している。市名はエジプトの古代都市にして都の一つでもあるメンフィスに因む。19世紀に綿花の集散地として発展する一方で奴隷市が開かれた歴史を持ち、今でも人口の約6割をアフリカ系アメリカ人が占める。ミシシッピ川から突き出たマッド・アイランドは母なるミシシッピ川とアメリカの歴史をモチーフとしたテーマパークになっている。

出典:Wikipedia

日本ではあまり馴染みのない都市かもしれませんが、

実は意外と日本からの観光客も多い街なのです。

メンフィスの文化

まずは音楽!

黒人ミュージックの原点ともいわれるソウルミュージックが盛んな街で

メンフィスのバーでもよく演奏されています。

また元祖アメリカンドリーマーであり、日本の元総理大臣である小泉純一郎氏も愛した

 

エルヴィス・プレスリー

 

が育った町がこのメンフィスであり、

メンフィス郊外のグレイスランドには

エルヴィスが住んでいた建物と博物館があります。

 

更にはアメリカの黒人の人権を勝ち取るために、

アフリカ系アメリカ人の公民権運動を指揮した

マーティン・ルーサー・キング・ジュニア( Martin Luther King, Jr.)

暗殺されたのもこのメンフィスです。

最近ではテニスの錦織選手がテニスのトーナメントで優勝した都市としても有名かもしれません。

このような歴史的な文化もあることからメンフィスは日本からの観光客も意外と多いです。

また日本人だけでなく、アメリカからの観光客も多いのがメンフィス!

その理由の一つがメンフィスの食文化にあります。

アメリカでのBBQの定義

メンフィスと言えば市内だけでも約100店舗を超える、

バーベキューのレストランがあることでも有名な、

バーベキュータウンです!

日本人の皆さんはバーベキューと言うと、外でお肉や魚介、野菜などを焼いて食べる、

焼肉に近いスタイルを想像する方も多いと思います。

しかしながらアメリカのバーベキューはこれとは少し違います。

 

アメリカのバーベキューは豚や牛肉などの硬い部分、

肩やリブ(あばら)の肉を長時間かけて調理して柔らかくしたものを言います。

 

日本のBBQのように外でグリルコンロを使って焼くのは、

BBQではなく、グリル(Grill)と呼ばれています。

この動画がアメリカにおけるバーベキューを説明しています↓ 時間がない方は1:20辺りからご覧ください。

この動画ではRib(リブ)を調理していますが、

お肉の硬い部分をゆっくりじっくり調理して、食べるのがアメリカ流のBBQです。

アメリカでは5大バーベキューなる州もしくは都市が存在しています。

アメリカ5大BBQ
  • テネシー州メンフィス
  • テキサス州
  • カンザス州
  • ノースカロライナ州
  • サウスカロライナ州

この5つがバーベキューが有名なアメリカの州です。

お気づきかもしれませんが他の4つは州全体なのに、

メンフィスだけは(市)都市です!

それだけメンフィスという街がバーベキューに特化している街という事がわかると思います。

次はメンフィスのバーベキューが他の州のバーベキューと、

どのように違うのかを見ていきましょう!

メンフィスのBBQ文化

メンフィスのバーベキューは基本豚肉です。

ノースカロライナとサースカロライナ州も豚肉がメインです。

牛肉がメインなのはテキサス州のみで

カンザス州は牛、豚、もしくはラクーンなどといった

他の動物のお肉もバーベキューにして食べます。

 

ただメンフィスのポークバーベキューの特徴は

ウェット(ソース)もしくはドライ(スパイスやハーブなどのシーズニング)と

選択肢があるところです。

 

メンフィスのバーべーキューレストランでは

先ほどの動画にもあったようにリブ(あばら)の豚肉か

もしくは豚の肩もしくはお尻のお肉を使ったバーベキュー(Pulled Pork)が一般的です。

肩やお尻のお肉の場合は指で簡単にほぐれるまでホロホロにします。

これにウエットのソースもしくはドライのシーズニングで食べます!

メンフィスインメイBBQの世界大会!

メンフィスがバーベキューシティーを名乗っている理由の一つに

毎年5月にメンフィス市内で行われるバーベキューの世界大会の存在があります。

上の動画は20分以上あるので時間のある方だけが見てくれればいいです(笑)

 

大会はMemphis In Mayと呼ばれ、

約200近くのチームがお互いのバーベキューの味を競い合い、

バーベキューチャンピオンを決める大会です。

 

1位のチームにはそれなりの額の賞金もでて、

何よりここで1位になればバーベキュー界で大きな注目を得ることができるのです。

入場料を払えば一般の方でも大会の雰囲気を味わう事ができますが、

試食もあまりできないし、

安くないので、この大会に参加しているチームに友達がいない限り、

この大会に行く事はおススメしません(^^;

ならばメンフィス市内のどんなバーベキューのお店に行けばいいのか?

ということで100店舗ある中から有名な数店舗を紹介します。

メンフィスのBBQレストラン

メンフィスで一番有名と言っても過言でないのが、

Rendezvou(ランデブー)というお店です。

1948年創業のこのお店は

場所もメンフィス市内の中心であるダウンタウンにあり、

ブッシュ大統領や小泉首相が訪れた事でも有名なレストランです。

動画にもあるように、とても歴史が感じられる外観と店内です。

この雰囲気を味わうだけでも行く価値があると言っていいバーベキューレストランです。

もちろんバーベキューも美味しいです。

 

たしかに味はいいのですが、

値段もメンフィスの他のバーベキュー店に比べると高くて、いつも混んでいるので、

地元メンフィスに住んでいる人はそんなに頻繁には行きません(笑)

地元民いわくあそこは観光客用のお店という認識です。

 

では地元民はどこに行くのでしょうか?

市内に100店舗もあるのでもちろん好みもあると思いますが、

地元民がよく行くのがCentral BBQ(セントラルバーベキュー)です。

このお店は先ほどでてきたBBQの世界大会でも、

優勝したことがあるチームがだしたお店であり、

ランデブーに比べると比較的歴史の浅いレストランです。

ただ味は抜群です!

リブバーベキューはもちろん、Pulled Porkサンドイッチなどもおススメなのですが、

一番人気なのがバーベキューナチョスです!

動画では0:48から1:00のあたりで見ることができます!

ナチョスとはテクス・メクスというアメリカ生まれのメキシコ料理で、

写真のようにトルティーヤチップスに溶かしたチーズをかけ、

その上にサルサやお肉などを乗せたものです。

 

バーベキューナチョスはこのトルティーヤチップスとチーズの上にPulled PorkのBBQを乗せて

ウェットのソースをかけたものです!

 

このBBQナチョスは病みつきになります!

ランデブー、セントラル、そして一番目の動画に出てきたCorky’sの

三つがメンフィスでおススメのバーベキューレストランです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

日本のバーベキューとアメリカのバーベキューの違いをわかってもらえたでしょうか?

アメリカのバーベキューは日本ではあまり食べることができないと思います。

もしアメリカのBBQ5大都市のどこかにお越しになる際は、

ぜひともアメリカのバーベキューをご堪能ください!

お急ぎでない方はブログランキングのクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村











ビットコインキャッシュ基軸通貨取引所CoinEX





Referral Programを使ってCoinEXトークンCETをゲットしよう!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

海外在住(アメリカ在住)アスレチックトレーナーとしてスポーツチームで働いています。仮想通貨が好きで、将来性もあると思っています。スポーツ、リハビリ、トレーニング、映画、語学、テクノロジー、投資などに興味があります。このブログを通じて皆さんにスポーツトレーナーをもっと身近に感じてもらえたら、嬉しいです!